邦人合唱曲シリーズ【第11回】
こんばんは、芸能人格付けチェックを見ているゆうき様です。

今日は大坂ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団京都公演に行ってきました。
邦人合唱曲シリーズということで、那須与一とかまど・みちおとか。

当然僕らよりも格段に上手いのですが、
やはり凄いなと思うのはいつものことながら集中力。

なにか凄いことをしている人というのは、
必ず凄い集中力を発揮していますよね。

僕らの練習でも最近のネックは、いや、昔からネックは集中力。
集中力の持続は本当に困難で、本当に難しいんですけどね。

一心不乱になりすぎても困りますし。
冷静でいられすぎても困りますし。
周りにばかり気をやられても当然困るわけです。

でもやはりパートによって必要な要素は多少違うようで。

ソプラノの人は気持ち悪いくらいノリノリだったし、
アルトの人はどこか落ち着いた表情でしたね。
テノールは楽しそうに歌ってたし、
ベースは顔をしかめて歌っていた。

そんなものだと思いますよ。

鈴木憲夫版きこえてくる、面白かったですよ~。
同じ歌詞で曲が違うというのはやはり面白い~。

でもやっぱり、詩の解釈は同じでしたよ。

出費は痛かったけどそれだけの価値はありました。

もう、貯金なんて諦めたんですよ。
[PR]
by youkisama99 | 2005-09-23 21:53 | 部活のこと


<< じゃじゃ馬グルーミン★UP! のだめ カンタービレ >>


SONY通販